美容
シミ・くすみ ニキビ しわ・エイジング 毛穴・黒ずみ 毛穴・黒ずみ

アクネケア(ニキビケア)


アクネ(ニキビ)は、皮膚の炎症性疾患のひとつで、痤瘡(ざそう)ともいいます。
アクネ(ニキビ)という名称は一般的に青年期のものに限って使われ、
成人のアクネ(大人ニキビ)は吹き出物と呼ばれます。

アクネ(ニキビ)原因


アクネ(ニキビ)は、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできます。
皮脂が多く分泌される部位にできやすいといえます。

アクネ(ニキビ)は、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まり、
詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまり、
この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)または
白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれます。

アクネ(ニキビ)治療


目的別に、治療薬の処方や生活指導が行われます。

アクネ菌の殺菌
厚くなった角質の正常化
皮脂分泌の正常化

一般的なアクネ治療は、アクネができた部位を、日に1~2回低刺激性のせっけんで洗います。
抗菌せっけんやスクラブ入りせっけんは、有用な皮膚常在菌を過剰に洗い流し、且つ皮膚を刺激し悪化させる恐れがあります。

アクネ(ニキビ)ケアは専門家による正しい治療が大切です。


アクネ(ニキビ)がひどくなる前に、皮膚科やエステで専門家に相談することが大切です。
治療が遅れることで、取り返しのつかない状態になることもあります。
自分でアクネケアする場合は、信頼性の高い製品の使用を強くおすすめします。

医療レベルの特許浸透テクノロジーを応用したb.glen


b.glen(ビーグレン)は、医療レベルの特許浸透テクノロジーを応用した化粧品です。
どんなに洗顔して清潔にしていてもニキビが改善されない。
ニキビケアの基本は洗顔とされていますが、今使っているクレンジングや洗顔料がニキビを悪化させているとしたら?

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力の強い《界面活性剤》が配合されています。
これらの製品は気がつかないうちに肌を守っている大切な防御機能まで取り去ってしまい、過剰な皮脂分泌を起こすことで、かえってニキビを増加させてしまうのです。

「ニキビ=しっかり洗顔」は、昔のニキビケア。

皮脂やメイクの油分などの汚れをしっかり落とすには、肌が本来持っている防御機能を守りながら、特殊精製した天然クレイの洗顔料を使うだけで、ニキビを簡単に予防できるようになるのです。

b.glen(ビーグレン)の特徴


●医療レベルの皮膚浸透テクノロジー
●365日間返金保証
●1本からでも送料無料
●b.glenのトライアルセットは、ハイ-コストパフォーマンス(たっぷり10日分)
●電話勧誘一切なし

最新記事


ビーグレン クリスマスBIGセール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【1】 今欲しいがおトク!\最大22%オフ/の限定セット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ この時季に欲しい製品セットが、お悩み別に登場! 最大22%値引きのおト…

ケロコート

最後に、ニキビ跡の治療で一般的なケロコートについてです。 1日一回塗るだけで良いので簡単ですし、処方してもらえば病院に通う頻度も少なくてすむので気軽にはじめられます。 また、こちらもニキビ跡だけでなく、火傷などの症状にも使用できます。 ケロコートはニキビ…

レーザー治療

健康保険対象外のニキビ跡治療の最後はレーザー治療です。 レーザー治療というと、ニキビ跡以外にも広く使われていますから、身近に感じられるのではないでしょうか。 私はニキビでは行っていませんが、脱毛でレーザー治療を行っています。 レーザー治療とは、さまざまな…

トレチノン酸治療

次にトレチノン酸治療に関してですが、これについてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。 というのも、このニキビ跡治療法は日本ではほとんど浸透していない治療で、そのために健康保険の適用外になっているのですが、その効果は高いといわれています。 外用薬、…

健康保険適用でないもの

前回までは健康保険が適用されるものについて触れましたが、ここからは適用されないニキビ跡治療法について入っていきます。 その方法もさまざまなやり方がありますから、一度受診して医師・専門家と相談されることが大切ですが、その前の基礎知識を入れておきましょう。 適…
このエントリーをはてなブックマークに追加

最先端サイエンスコスメ b.glen 分野別リンク

シミ・くすみ
ニキビ
しわ・エイジング
毛穴・黒ずみ
毛穴・黒ずみ

ビーグレン
ランキングetc

コスメ

  • SEOブログパーツ
seo great banner
track feed アクネケア
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0
Powered by CSM2